So-net無料ブログ作成

2009.5.8 ポンタの日常番外編〜トイレリフォーム(DIY)顛末記 [DIY・てづくり]

一応、料理テーマのblogなのに、いきなりトイレの話ですみません〜。このGWに独自に展開していたトイレリフォーム顛末記です。どうか、ご興味のある方だけ、続きをお読みくださいませm(_ _)m
00_tytle2.jpg


約9ヶ月ぶりに『リフォーム熱』にスイッチが入ってしまい、懸案だったトイレのリフォームをすることにしました。業者さんを頼まず、自分で、です^^ ちょうどGWの4/30〜5/3にかけて、オットが仕事で帰りが遅いので、その間にミッションを遂行しようと決意。夕ご飯の支度を気にしながらリフォームするのは嫌だったからです。

今回替えるのは床と壁です。とくに傷んでいたわけでもないのですが、なんの変哲もない白っぽい壁クロスと床のクッションフロアに飽きてきていました。以下の写真が施工前です。壁にはポンタの写真を沢山貼ったパネルが掛けてあります。
01_before.jpg

おおまかなプランとしては、
 ● 床クッションフロアの張り替え(正確には、上から貼る)。
 ● 床から90cmの高さまで杉板を張って『腰壁』風にし、板の上下は巾木で処理する。
 ● 壁の上部にはクリーム色の珪藻土を塗る。
03_zumen.jpg

必要な杉板の数を計算。割れてしまったりした場合の予備も入れて830×120mmが約30枚必要です。
02_zumen.jpg

早速、大きめのホームセンターに繰り出し、1820×120×9mmの杉板15枚を買い、長さを830mmにカットしてもらいました。ホームセンターではほかに、巾木、サンドペーパー、隠し釘、強力両面テープ、珪藻土などをget。
杉板は表面処理してない粗材(ゆえに安かった)だけに、綺麗にするのは大変(>_<) 表面にサンドペーパーをかけることで、1日目の作業は終了してしまいました…
04_zaimoku.jpg

翌日は板の塗装です。木目を出したいので、ペンキではなく、ウッディガードという合成樹脂塗料(色はウォルナット)を使用(家に在庫あり)。今回の一連のリフォーム中、唯一オットに撮ってもらった私の作業風景です。
05_nuri2.jpg

塗装した板の乾燥中。30枚塗るだけで疲れてしまい、2日目の作業は終了…
06_kansou.jpg

翌日は珪藻土塗りです。壁クロスの上から直接塗れるタイプの珪藻土(フジワラ化学の珪藻土壁材/色はNo.73)を使用しました。珪藻土は以前、リビング、和室、キッチンを塗っているので慣れていますが、いつもはオットにやってもらっている珪藻土の土と水を練る作業を今回は一人でやらねばならぬゆえ、一箱(3kg)を半分ずつにして練ることに… そして、本来は一箱で2畳分の面積しか塗れないところを、水を増量して強引に約1.3倍の面積を塗りました。
珪藻土は水とよく混ぜたあと、30分ほど『練り置き』します。
07_keisoudo.jpg

そして、珪藻土を塗るための『コテ』ですが、私は市販のものだと硬すぎて、壁のタッチを出しにくいので、自分で作ったものを愛用してます。切った厚めのプラスチックに、木の端材をガムテープで付けただけのものなんですが、これがなかなかスグレモノです^^
08_kote.jpg

『練り置き』の間に養生です。この時点ではまだ水槽タンクは外していません。
09_youjo.jpg

いよいよ塗り始めです。面倒な上のコーナーから下へと塗っていきます。
乾かないうちは『えっ』と思うほど濃い色(黄土色)です。
10_nuri.jpg

半日くらいすると、塗りの薄いところから乾いてきます。
11_nuri.jpg

最終的にはこんな感じになります。わざと粗いタッチを出して塗るのが好きです。
12_nuri2.jpg

珪藻土が乾くには丸一日かかりますので、その間に、木や床材の加工をします。
スイッチパネルの周りや、給水管の周りに当たる部分の木を切り取ります。
13_kakou.jpg

そして巾木もカットします。トイレの中は微妙に歪んでいるので、何度も計り直しての微調整が必要です。
14_kakou.jpg

さらに床の型紙をとって、クッションフロアをカットします。
今回、便器の周りに合わせて切るのではなく、便器の下にクッションフロアの端を敷き込みたかったので、真ん中の穴は、実際よりも15mmほど内側でカットしました。
15_kakou.jpg

4日目(最終日)の作業です。まず、便座と水槽タンクの取り外しです。便座は簡単に取れますが、水槽タンクが問題です。水道の元栓と止水栓を締め、中の水を全部出してから取り外すのですが、水槽タンク、めちゃくちゃ重い!(>_<) 女手ひとつでやるには、とても大変な作業です。これは男の人に手伝ってもらったほうがいいです。
16_sekou.jpg

床の要所要所に、強力両面テープを貼ります。そして、便器の下にあるキャップを外し、ねじをゆるめます。こうすると便器を浮かすことができるので、クッションフロアを中に敷き込むことができます。
17_sekou.jpg

いよいよ張り込み作業です。型紙取ったにもかかわらず、実際貼ってみると床の形はやはり歪んでる! しかしいったん両面テープの裏紙を剥離したらあとには引けず、便器を持ち上げながら下の隙間にシートを敷き込まねばならず……これを一人でやるのは至難の業でした。今回のリフォーム最大の山場! 作業は2人でやることをおすすめします。『便器を持ち上げて腰を痛めた』なんてことになったら泣くに泣けません(-_-)
18_sekou.jpg

ひとりでスッタモンダしたあげく、クッションフロア張り込み完了の図です!
この作業でかなりのエネルギーを消耗(>_<)
19_sekou.jpg

そして今度は板張り作業です。まず最初に、床のクッションフロアを押さえるような感じで巾木を張り、その上に杉板、そしてその上にもう一度、巾木を張ります。
20_itabari.jpg

まず強力両面テープで固定し、その後『隠し釘』を打って、板が浮かないようにしました。
21_itabari.jpg

巾木だけは、壁の中の垂木の位置を確認し、しっかり釘で固定しました。
22_itabari2.jpg

いとも速やかに作業を遂行しているように見えますが、実際はこのような修羅場です。
すぐ横が玄関なのですが、そこには水槽タンクや便座がころがってるという悲惨な状態。
この現場をオットに見られたら大変です!(と言いつつblogにupしている露悪趣味な私^^;)
23_shuraba.jpg


ともあれ、おおまかな作業は4日目にして終了いたしました\(^o^)/


翌日、水槽タンクから出ている水栓(ステンレス)の色が気になり出し、ゴールドのアクリル絵の具を買ってきて塗ってみました。
24_suidousen.jpg

さらに、コーナーに小さいグリーンを置きたいので、ダ◯ソーで買って来た2mmのアクリル板を切って、コーナー棚を作りました。アール部分は金ヤスリで加工…。
25_tana.jpg

さらに、給水管には黒いビニールテープを巻いて目立たなくし、掃除グッズを隠すために、これまたダ◯ソーで買って来た半透明の板を置きました。
26_detail.jpg

珪藻土にしたことで、しんちゅうのタオルハンガーもしっくり合うようになりました。
ゴールドに塗った水栓も悪くないかんじ^^
27_detail4.jpg


完成です! 『ちいさな隠れ家レストランのトイレ』風になりました(自分ではそのつもり…)。
28_fukan.jpg

beforeの写真と比べると、かなり感じが変わったことがわかります^^v
01_before.jpg
        ↑ BEFORE    ↓ AFTER
29_after2.jpg

*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;*-;

★その後、タンクの奥に棚をつけました★

木の端材を棚受けにして壁に打ち付けます。
タンクの横には、スタイロフォームの端材に両面テープをつけて…
下の段も同様です。
tana3.jpg

棚板から半透明の素材を、テグスでぶらさげてみました
tana5.jpg

正面から見たところ
tana1.jpg

中のものを取出すときは、ちょろっとめくるだけ
tana6.jpg

ボロボロになっていた観葉植物用のケージをペイントして、中にクリップライトを仕込んで照明器具にしました
light1.jpg

ライトをつけたところ
kabe2.jpg

全体のかんじ
kabe3.jpg



大変でしたが、評価の厳しいオットも絶賛のできばえです。苦労した甲斐がありました^^v
ちなみに、かかった費用の概算は以下です(100円未満は四捨五入)。

 ●杉板(粗材) (1820×120×9mm)15枚 1500円(破格)
 ●巾木 (3640×35×9mm)2本  800円
 ●珪藻土 一箱 3000円
 ●クッションフロア 1.2m 1700円
 ●強力両面テープ×2 1400円
 ●サンドペーパー、釘など 1000円
塗料は家にあったものを使いましたが、全て合わせて約1万円(破格!)でおさめました。
(わたしがかけた労力…それはpriceless^^v)

長々とご覧頂き、ありがとうございましたm(_ _)m


★2014年、洗面所のDIYについてはこちら

★2013年のGWに施工したリビングの腰壁DIYについてはこちら


nice!(8)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 10

Michy

すご〜い!すご〜い!!
とても素人の、しかも女性が一人でやった作業とは
思えません!
以前のトイレも「え?いいじゃない」って思いましたが、
リフォーム後のトイレを見て「あ〜、こっちの方が断然
いいわ〜!」って思いました。
まさに、郊外にある人気のフレンチレストラン風です。
素晴らしいわ〜。
ふふ。夏のキッチンリフォーム、懐かしいですね〜。
by Michy (2009-05-09 01:30) 

chal

これは素晴らしい出来ですね。私も、昨年珪藻土(四国化成)を塗りましたが、同じく、プラスチックの鏝でやりました。金コテより”しなる”ので、素人には塗りやすいですよね。ペットがいるお宅には腰壁必要ですよね。でも、ポンタ君はトイレに入りませんね。途中の”とっ散らかり”度にはびっくりです。Before & After でみると、違いが良く分かります。ご苦労様でした。
by chal (2009-05-09 01:40) 

peco

★Michyさん、こんにちは。
お褒めにあずかり、光栄です…しかし、妙齢の婦人が、
便器を持ち上げながらフロアを貼る姿、なんてものは、
とてもヒトサマにはお見せできません(>_<)

★chalさん、こんにちは。
細かいところをcheckされたら、ダメ出しされそうですが^^;
『とっ散らかり度』爆です。我ながら、あまりにも凄いと思い、
現場証拠写真を撮りました。わざわざupしなくても>自分^^;
by peco (2009-05-09 17:30) 

鰯母

と、とにかく「すごい」の一言です・・・
お疲れ様でした~!
by 鰯母 (2009-05-10 22:47) 

peco

鰯母さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
もう二度と同じことは出来ないなぁ〜、と、しみじみ思います^^;

by peco (2009-05-11 17:25) 

stella

niceを100個くらい押したいですよ。
これは本当にスバラシイ!
シックな空間になりましたね。
とても素人(しかも女性が)が施工したとは思えません。
今度、ぜひ見せてくださいね。

by stella (2009-05-11 23:49) 

peco

stellaさん、こんばんは〜。
今では自分でも『よくやったなぁ…』と、他人事のように思います。
ちかぢか、お見せしますね〜^^v
by peco (2009-05-12 19:29) 

そうまてんてん

初めまして、コメント失礼します。

この度、トイレを自分で替えようと思い、色々とネットで調べていたら、イメージと同じトイレの画像があったので参考にさせて頂きました。

DIYでやろうと思っていたのですが、なかなか腰が上がらずでしたが、この記事でやってやろうと思いました。

ありがとうございます。

大変、参考になりました。
by そうまてんてん (2012-02-13 12:23) 

neconote

こんばんは 私もDIYでやろうと思っていたのですが、素晴らしい出来上がりにびっくりしました。私の家のトイレもお願いしたいくらいです。
私は家のブロック塀のペンキ塗りをした位ですが、こんな私でもできるかも・・・という思いがフツフツと沸いてきました。
近日中に、トイレを取り替える予定なので、是非、トライしてみたいと思います。



by neconote (2012-09-11 21:18) 

peco

★そうまてんてんさん、コメントありがとうございます。
ブログ、拝見しました〜。すごく綺麗にできてましたね〜
少しはお役にたてたかと思うと嬉しいです^^


★neconoteさん、コメントありがとうございます^^
トイレ取り替えるときは、DIYのチャンスですね^^v
参考にしていただけたら幸いです^^

by peco (2012-09-12 19:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

■メールはこちらから